【もっと評価されるべき】VOLOJZAについて

VOLOJAZA

今回の記事はVOLOJZA(ボロジャザ)について書いていく。千葉は松戸レペゼンのビートメイクも手掛けるラッパー。VLUTENT RECORDS主宰。HIPHOPユニットDie, No Ties, Flyのメンバーでもある。

VOLOJZAについて知らない人はこれを聞いてください↓

控えめに言って神曲以外の何者でもない。仮面なしだと顔がPRIMALにちょっと似てるな、って思う暇もなく心地いいトラックとボーカルが聴覚をいい感じに刺激してくれる。フレシノと一番相性がいいのはカネコアヤノでなくVOLOJZAなのかもしれない。

過去にはYungGucciMane(UetaShun)や田島ハルコとも曲を一緒にやっている。

created by Rinker
¥2,200 (2024/07/13 18:14:05時点 楽天市場調べ-詳細)

自身が手がけるMVもヨンパない

↓VOLOJAZAが所属するDie, No Ties, FlyのビートメーカーであるPoivreのアルバム収録曲。VOLOJAZA客演曲でMVもVOLOJAZAが製作したらしいが、MVも独創的。

結構イカれてるな笑他のMVも超イカれてるのでチェック。

ラップもビートも新しいオルタナティブヒップホップ

王道のHIPHOPではないかもしれないけど、いや、ラップもビートも現行のトレンドから大きく外れてるってことは全くないか。ラップスキルは申し分ないというのも烏滸がましいくらいにイルすぎるスキル。

『其レハ鳴リ続ケル』を初めて聞いた時の衝撃はゆるふわギャングの1st『Mars Ice House』を聞いた時のそれと似ている。


いや、なんなら『Mars Ice House』よりHIPHOPとしての振り幅は広いのかも(直近では剣桃太郎 feat. NENEには食らったけど)。サブスクに公開されてるアルバムは全部聴いたけど聴きごごちが良すぎてドライブが捗るのなんの。客演曲ではYungGucciManeと歌ってる曲が一番古いのかな?なんにせよ一貫してるのは万人受けしそうでその実今の日本語ラップヘッズが傾聴しそうな楽曲を意識的かそうでないかはわからないけどリリースしていることだ。

月並みなことを言えば、少しでもVOLOJZAに興味が湧いてしまった人は中毒性があるフローとリリック、ビートに持ってかれる。「いかれてるペース」(feat. W.O & KAICHOO)を聴いてしまったが最後、俺は今から寝ようとしてるのに「チョーイカれてる〜」って歌ってるもん、心の中で。

それで言えば「I LIKE YOU」の「Thank you for your kindness Thank you for your tenderness Thank you for my everything♪」も耳からこびりついて離れないんだけどね。

VOLOJZAはラッパーが持つ”楽器”である声がかっこいいし採用している(独創的だからビートメイクも自分でやってるのかもしれないけど)ビートもトレンドをおさえているし、意外と泥臭さを兼ね備えたHIPHOPを体現してる感じを醸し出してて超絶クール。

ヤング・キュンと歌ってる「君がいた夏」もレイドバックなサマーチューンでヨンパない。渋谷は晴れの模様。アラサーサブカル系男女の御用達のかせきさいだぁの「じゃっ夏なんで」とかスチャの「サマージャム’95」とか余裕で超えてくるし、盆踊り大会のBGMでもかかってても俺的には違和感ない(って言ったらVOLOJAZAに失礼かもしれないが)。てかヤング・キュンっていうMCネームめっちゃドープだな。

「君がいた夏』を聴いて思い出されるのが、NUMBER GIRLの『IGGY POP FAN CLUB』。

アラサー、アラフォー世代にとってはエモいこと請け合い。

HIPHOPはレベルミュージックだから、TwIgyの言葉を借りると、「しまえ拳銃あくまで音楽だろ きゃつは踊りたりねぇ」ってのがVOLOJAZA聴いてると思い出される。絶対にFSLトライアウトとは交わらないでくれVOLOJAZA!

閑話休題。

改めてVOLOJAZAを紹介すると、イルでいる秘訣を知ってるラッパーの一人。確実にD.LとFEBBは好きだろう(たぶん絶対)。奥ゆかしさとリアルオルタナティヴを体現しているRapperはVOLOJAZAと彼のクルー以外は見当たらねーな。

最新ソロアルバムは全部VOLOJAZAのビート。

「真犯人」聞いたら首ふっちゃって寝れねーけど2曲目聴いて、「顔が濡れたら力が出ない」ので寝ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました